国立デンタルオフィス
国立デンタルクリニック ホームへ

電話番号042-572-8882東京都国立市東1-14-11
ヴルーム国立1F

診療時間 10:00~13:00 14:30~19:30(土曜日は18:00まで)
休診日  水曜日 日曜日 祝日 ※祝日のある週は水曜日診療

病状検索

治療回数が知りたい おおよその治療回数が知りたい

 早期発見、早期治療が良いことは分かっていても、ついつい治療が遅れてしまう人も多いのも事実。虫歯になった歯の治療回数にについてご説明します。
 あくまで標準的な場合ですので症状、状態によっては回数が異なります。実際の治療では、虫歯だけでなく、歯周病などの治療が平行して行なわれることが多いので、治療回数はこれより多くなる傾向があります。

治療回数1回

 浅い虫歯の場合、基本的には、自覚症状がほとんどなく検診で発見される初期虫歯など。特に痛みがほとんど出ていないことがポイント。歯の中の神経が炎症を起こしていると1回での治療は困難なことが多くなります。
 1回の治療で完治する治療法とは、虫歯を取り除いたあとに、光で固まる白い樹脂を詰める(CR充填法)ことが一般的です。
 
<コンポジットレジン><治療例>

治療回数2~3回

 中程度の虫歯は治療回数2~3回で虫歯を取り除いたあとに歯の型を取り、金属やセラミックスのインレー、クラウンなどの修復物で処置します。
 虫歯の自覚症状が全くないか、あっても軽度な場合で神経の治療を必要としないケースが中心となります。以前に歯の神経を抜いてあれば、比較的大きな虫歯でも2~3回で治療できることがあります。

<インレー、クラウン治療法><治療例>

治療回数4回~

 虫歯の深さが神経に達するほど深い虫歯の場合や、歯の根の奥に膿がたまっている場合など、歯の内部の神経部分の治療(根管治療)が必要なケースです。根管治療のあとにクラウン治療が必要になりますので回数がかかります。

<根管治療><治療例>

 さらに虫歯が進行すれば、治療期間がもっと長くなり治療回数も増えます。定期検診などで虫歯のチェックを繰り返しながら、早いうちに治療することが治療回数を減らす近道なのです。



国立市 国立駅近くの歯科(歯医者)、審美歯科、矯正、インプラント、ホワイトニングの患者様も、国立、立川、府中、西国分寺より多数来院

国立デンタルオフィス
186-0002 東京都国立市東1-14-11
ヴルーム国立1F
メール電話042-572-8882

診療時間10:00~13:00
14:30~19:30
(土曜日は18:00まで)
休診日水曜日 日曜日 祝日
※祝日のある週の水曜日は診療